流行りのフラッシュ脱毛で

脱毛は流行りのフラッシュ脱毛でやった方が痛みもないからいいかもな。

文庫本


私は読書が趣味の一つなのですが、本を買う時は9割方が古本です。それも100円前後が大半です。読む冊数が多いので、なるべく安く上げたいのと、過去の名作と呼ばれる作品が古本でしか手に入らないからです。古本で買う場合でも、どんなに高くても1冊300円位までにしています。上下巻などで双方の値段が違う場合は仕方ありませんが、1冊だけの時は数店舗を回って安く売っている店を探します。安いと汚れている場合もありますが、読めさえすればいいので汚れなどは気にしません。ですから新品の本はかなり長い期間買っていないのですがこの間、ふらっと立ち寄った本屋さんで文庫本の値段を見てびっくりしました。少し厚めのSF小説でしたが、1冊1200円という値段でした。同じ作家の小説を持っていましたが、古い時代に発行されたせいか、そこまでの値段の付いている本はありません。私が新品の本を買っていた頃は、文庫本であれば高くても800円位までで、それもかなり分厚いものでした。文庫本は安く気軽に読めるのがいいところなのに、1200円もするのでは誰も読まないと思います。最近は若者の活字離れが指摘されていますが、値段が上がっていることも一因にあるのではないかという気がしました。一般の家庭では印刷のコストといったら一番はインクではないでしょうか。これから何かと印刷物が増えるので、互換インク おすすめです。


コメントを受け付けておりません。